液状化対策を防げ|家と命のセーフティー!

女の人

注目される地中熱

男の人

頻繁に使われるようになった地中熱利用は、地中の温度が一定であることを活用するものです。家庭で利用することで、冬でも夏でも快適に過ごせることになります。それを利用するならば、気密性の高い住宅のほうが効果的です。

Read More..

埋立地で行われる対策

工事

液状化しやすい土地

液状化現象は一度起こると建築物に多大な影響を与えてしまいます。そのため、建物を建てる前にきちんと液状化対策を取っておく必要があります。ただし、液状化現象は日本全国どこでも起こるというものではありません。特定の土壌で起きやすい現象であるため、その土地以外では対策を取る必要はありません。では、どのような土地が起きやすいのでしょうか。一般的には、海岸や池沼・川などの埋め立て地で起きやすいと言われています。もしもその土地に建物を建てる場合は、事前に地盤調査をして、液状化現象が起きやすいかどうかをチェックするのが良いです。仮に液状化現象が起きやすいと診断された場合は、液状化対策を取った方が賢明な判断だと言えます。

地下水位低下させる対策

もしも、その地盤調査で地下水があることが分かったら、地下水位低下する液状化対策を行うことができます。この対策は対処する土地に止水壁で囲い液状化層(地下水のある地層)まで井戸を掘り、そこから水を排出していく方法です。止水壁によって水が入ってこなくなるため、地下水位を低下させることができます。仮に雨水などで地下水位が上昇したとしても、その井戸から繰り返し水を排出することができます。その液状化地層に含まれている水分が地震が起こったときの液体化現象の原因であり、それを取り除くことができるわけです。実際に埋立地などでも多く利用されている液状化対策の一つです。有名なところでは豊洲市場でも、この対策が取られています。

再生可能な自家発電

作業員

バイオガス発電は、汚泥や糞尿、残飯、刈草などの有機ゴミを発酵させ、発生したガスを燃焼させてタービンを稼働させるという発電システムです。大がかりな設備を必要としないため農家や工場などが個々に導入することができ、自家発電と廃棄物処理という2つのメリットが同時に得られます。

Read More..

特殊だから気をつけよう

ウォーター

井戸を造るにしても、潰すにしても、特殊工事となります。専門的に請け負ってくれる業者を探す必要があります。できれば地域密着型の業者がお勧めです。その地域の地形に詳しい人の方が、安心して工事を任せられるからです。まず、井戸工事のエキスパートを探しましょう。

Read More..